2016年12月21日

シュトーレンの販売のご案内





日ごとに熟成中のシュトーレン、ご希望の方に販売しております。


Sサイズ¥1,900(約11cm長さ)  M¥2,400(約18cm) L¥3,600(約23cm



         詳細はこちらをご覧ください。












2016年12月16日

ドイツ菓子**シュトーレン**ご注文用






ドイツのドレスデンが発祥といわれるシュトーレン。

やっとこの頃、一般の人たちにも知れ渡るようになったのでしょうか、手作りする方も多いようですね!

今年は、ご注文をいただいたので、やや本腰を入れて、もうかなり昔の30数年前、青山のアンデルセンの方に習ったのを思い出し、レシピを探し出し、他もいろいろ研究して、焼いてみました。

注意書きがとても役立ちました!

まずは練習に自宅用を焼き、それからご注文用を。

ただいま、寒いキッチンの棚で美味しくなるように熟成中です😊

1か月ぐらい冷蔵庫で保管しながら、食べることができます。

まずは、真ん中を切り、8mmぐらいに薄く切って、毎日1切れ食べるというのが、ドイツ流のようです。

先々週ぐらいだったか、「グレーテルのかまど」でも紹介されてましたね!

スーパーのパンコーナーには、パスコの可愛いシュトレンが置いてありました。

あんなに小さくても重さはずっしり。

今日購入してくださった方も、持った途端、びっくり!

「うわぁ〜!!重いですねぇ〜‼️」と言われてました。

さぁ、お気に召していただけますかどうか。




ガレット・ブルトンヌとマロンロールケーキ



ご注文用「ガレット・ブルトンヌ」バニラとショコラの2種類、大きめサイズをたくさん焼きました。

それと、マロンロールケーキ。

ラム酒漬けのマロングラッセとホィップ・ド・クリームを巻きこみました。

ご好評頂き、ホッとしました、

コーヒー豆もプラス。






2016年12月8日

10,11月Lessonの様子 ドイツ菓子とフランスのお惣菜



 ドイツ・リンツ地方の銘菓・タルトの古典として有名なお菓子、リンツァートルテ💖

手作りの真っ赤なラズベリージャムを焼き込んで仕上げました。

スパイスが入るものと入らないものがありますが、それぞれにとっても美味なリンツァー。

残りは、小さなカップに絞り、夏みかんで作ったマーマレード入りも作りました😊










キッシュレッスンは、スモークサーモン、オニオン、きのこ、ほうれん草といった具材がいっぱい入ったものを作りました💖

二番種も小さいタルトレット型に詰めてこんがり焼きました😋

二番種の生地は、やや硬くなりますが💧

ブリゼ生地が口の中で崩れていくことに、喜んでくださいました!

パート・ブリゼは、それほど難しくはないので、ぜひご家庭でも挑戦していただけたら、と思います😊










ご参加ありがとうございました😉

 にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村